By The Day


One more cup of coffee

いよいよ夢のようなGWが終わりを告げ
川を上る鮭のようにまた現実へと遡行していくこととなった。

にしても実に有意義な一週間であったなと僕なりに思う。人に”話すこと”を目的としてこうも多く”会いに”出かけた連休は初めてだからである。よく恋人と毎日会った、とか、恋人と大きな経験をした、とか言うような武勇伝なら耳に胼胝ができるくらい聞くのだが、僕があっていたのは男だしそれ故自分でも始めて腹のそこから楽しいと感じるような連休になった。

何でこんなことを思うかというと、それはコーヒーを摂取した量が尋常ではなかったから。スターバックス・ドトール・エクセルシオール・サンマルクカフェ・・・・・一日で四件梯子した日もあって連休中に総量二桁杯のコーヒーと付随してカフェインを摂取したことになるわけである。会話をどこかで腰を落ち着けてすることがいつしかコーヒー(なりなんなり)を飲むことになっていた。昔は(結構最近かも・・・)コーヒーなんて黒い&苦いで「これが飲み物か?」なんて思っていた。だけど今では腰を落ち着けるのはカフェ、シュガーやシロップも大抵不要、好きな濃さもあり、なんて具合になったしお気に入りのカフェも数店あったりする。

日本におけるコーヒー(”珈琲”のほうがよいかも)の歴史を紐解くと1609年平戸に和蘭商館が開設され、コーヒーが伝えられたと言われている。大正時代に入ってきた飲み物が挽き方・入れ方のさまざまなアレンジを経て今日に至ることは、そういった歴史性も含めて、古着が好きな僕の芯に訴える何かがあるように思う。

てなことを書くと、なんだかコーヒーが飲みたくなってきた。一人で本を読みながら、友人と真剣な話をしながら、友人の恋愛話を聞きながら、右手に握るコーヒーはその時々でそれとなく味を変える。バックに流れるがディランの曲ならば尚のことコーヒーは趣深いものになるのだろうな、なんて思うのである。
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-08 15:31 | essay


この街の占師たち

この街には三人の占師がいる
いや、三人も、といったほうがいいのかもしれない

能天気と言われても笑顔で頷き
馬鹿と罵られても勘付かず
悲しいことと言えば誰かの死のみ

こんな人々がこじんまりと暮らしているのだから
そもそも占いなんて必要無いと言ってもよいのだ

一人目の占師は何でも当てることで有名だ
病気だとか
あってないような悩みだとか
天災だとか
すべてさらりと当ててしまうのだ

二人目の占師は絶対に当たらないことで有名だ
将来のこととか
性懲りも無い恋愛のこととか
商売のこととか
すべてきっちり外すのだ

第一の占師で用が足りてしまうと思うのは外部の人間が早計なのであって
この街の人々は皆 そもそも占師など必要ないのである
だから第二の占師の下へ駆け寄っては
彼の占いが当たる最初の人間たろうと
そんな傍から見れば占いとは無縁な理由で駆けつける

そんな第一・第二の占師に対して第三の占師は
何も語らないことで有名だ
どんな大事を持ちかけても
些細な身の上話を持ちかけても
彼は何も語らない

無言故に街の人々は自ら何かを考えるのかと思いきや
やはり何も考えない

ただ不思議なことに
今日も彼の小屋には、今日も街人が列を成しているのである
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-08 15:06 | poem


スポーツドリンクを水と分けてコップに注ぐ

晴れたすがすがしい一日は、東京は千代田区、九段下の靖国神社で過ごすに尽きる。
なんてことはあり得ない話であるが、今日の晴れ日に靖国神社に行ってきたということは事実である。行ってみて分かったのだがやはり愛国心だとか、そういう上辺だけの言葉では形容できない”日本人のみが分かる厳かさ”を感じることになる場所であるように思う。

そんな靖国神社に関して語られるのが合祀・分祀の問題と言うことになる。
これまた”べき論”は避けて客観的、辺縁的な部分から見るのであれば、こんなことが言えるように思う。

明治天皇の思し召しで、戊辰戦争において国のために戦ってはその命を落とした護国の英霊、彼らを祀るべく1869年”東京招魂社”は建てられた。その後1879年東京招魂社は”靖国神社”に名前を改めた。と同時に従来内務省の管轄にあったのだが陸軍省と海軍省に管轄が移った。しかしいずれの時もこの社の持つ形態上の特徴は言わずもがな、今で言う公官庁が運営する言わば”公営”であった。
そして戦後、政教分離の原則に従って靖国神社は単一宗教法人(単一、とは神社本庁に加盟しないことをさす)となった。

以上が靖国神社の経てきた歴史過程と言うことになる。で、個人的な意見になるのだが国外では韓国にせよ、国内では民主党の小沢党首にせよ、合祀・分祀と言う言葉を誤認して使っているように思う。A級戦犯の魂をどこか別のところに移す=分祀では無いのである。そもそも合祀とは”魂を共に(合わせて)祀る”という意味である。一本のろうそくに”英霊の魂を200万柱以上”込めた。その中にはよくないと近隣国から批判される魂(A級戦犯)が混ざっているから別のろうそくに火を移してくれ。
おや?おかしいぞ・・・ということになる。一度一つの炎としてまとまったものから何かを切り分けるなど、スポーツドリンクを一部水とその他に分けてコップに入れてくれ、と同じぐらい不可能なことなのだ。とすると本来の意味では分祀をする、ということは即ちA級戦犯のコピーを別所に作るということなのだ。

さらに言うならば靖国神社は宗教法人であり、非営利であるにせよ財団なのである。これに政教分離の原則、信教の自由と言うスパイスを加えれば、というかこうしてまでも分祀の正当性を唱えるものとは議論が打ち止めにならざるを得ない。

さて現実にタイムスリップして、分祀の正当性はそれ自体が語義矛盾を起こすと言う立場を取ってきたわけであるが小泉総理の参拝によって加熱する炎にはどう対処すれば良いのかと言う現実的な問題とのすり合わせは必ず出てくる。

しかしこの問題を解く、というのは不可能である。と言うのもいかようにでも態度を変えて、それがさも正等であるかのように妄信して、火に油を注ぐ近隣国の存在が”靖国問題”を”靖国問題”たらしめているからだ。少なくとも国内レベルでは合祀・分祀に対する客観的視点を失わず、する・しない、という水掛け論を控えることが重要になってくる。

どうしようもない日和見的な不良に正論は届かない。不良が年寄りになって、無茶が出来なくなるのを待つのが利口だ。最もそのときには新たな若い不良が台頭しているのであるが。

b0088064_23425371.jpg

[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-05 23:43 | essay


格差と恋愛

最近改めて感じたのだが、テレビをつければ格差、雑誌や新聞を開けば格差、ついに自分の履く二束のわらじの片一足(教育稼業)でも格差、一体どこまでと耳を疑うくらい”格差”と言う言葉が浸透している。

”格差”と言う言葉が、さもそれ自体がマイナスの要素を孕んでいるかのように使われているのでジャーナリスティックに『格差のある社会は良い、仕方ない』とか『格差のある社会はまずい』とか規範論を述べること自体の持つ意味が薄れては消えつつあるように思う。

僕は”格差”と言うものを自然の産物的に扱っている。というのも資本主義にして民主主義、欧州における一連の人権革命以降第一の宝ともいえるこうした概念を国家の基盤におきながら”格差”がでないこと自体が不思議に思うからだ。つまりは資本主義国家において保障されるべきは”入り口での公平性”なのであって”出口の平等性”では無い。”入り口での公平性”が保障された後、入り口を通った全てのものはその中で公平に競争(努力に換言できる)を行うべきであり、競争を行う以上出口の段階では当然”差”が付いてしかるべきなのである。この点こそが社会主義との大きな差であり、自由競争の結果偶然に皆が同じラインに居ると言うことが無いからこそ資本主義なのである。

話をもう少しミクロなレベルに落としこんで、さてA学習塾のあるクラスで成績に”格差”がついてしまったとする。10名のうち成績の良い5名は皆100点、悪い5名は皆0点。ここで格差容認論者は成績の悪い5人に対してこんなことを言う。「皆同じ条件でやってるんだ!努力して追いつけ!」一方格差反対論者はどうだろうか。成績の良い5人に対して「0点のやつらが可哀想だから平均点の50点を次回から取ってくれ。」と言うだろうか、否、成績の悪い5人に焦点を当て「がんばろう」と生ぬるい抽象論で語りかけるのである。大切なのはどちらが良いかではなくて、世間ではいくら批判的な見方をされている”格差”も、それが生じるミクロレベルでは格差に容認的であろうが否定的だあろうがアプローチの仕方こそ違えどやることは同じなのだということだ。とすると現実を悲観視する者が格差容認派、現実を楽観視する者が格差否定派と後付的なラベリングをしているに過ぎないということになる。

ではこれに似たものは身近でないのかな・・・なんて考えてみる・・・なるほど恋愛もこれに似ているように思う。恋人を諸々の社会的通念・規範と照らし合わせた上で好きだと認知している者は例えば相手のファッションにせよ、礼儀作法にせよ、バックボーンにせよ、それらで他との差別化を図った上でその相手をベストパートナーとして受け入れる。一方その逆もあって先ず絶対的な恋人ありき、その上で例えその相手のファッションにせよ、礼儀作法にせよ、バックボーンにせよ、が他と照らし合わせた上で劣ると思ってもそれはしょうがない、いいんだ、と思える人もいる。前者は往々にして格差を容認する立場を取り、後者は往々にして格差を否定的、或いは盲目的に捉える。”恋人はこの人”という線路を一本引くにせよ前者は様々な経験的事実から差別化を行い最終的な線路を導き出す帰納法的な手法を取るのに対し、後者は先ず線路を引く、その上で線路の正当性(優越性)を説明する経験的な事実を整えるという演繹法的な手法をとる。結果は同じ、”恋人”と言う線路が引ける、のにである。

やはり上り電車と下り電車は交わらないのだなと思う。
かつては単線で、一本の線路を上手く遣り繰りしていたものだ。
時代の進歩は割り切りの歴史でもある。上り線が下り線で無いように、自らの現在地を見据えながら反対線にも気を配りつつ加速していきたいと思う。


【追記】
この考えは必ずしも僕1人のものではなくて、非常に刺激的な韓流気取りの男とのムダな対話によって成立した考えである。この場を持って感謝、ありがとう♪
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-04 23:33 | essay


N.hoolywood 2006-2007 Autumn Winter

いよいよ五月に入り、夏を先取りしたような暑さの日もあり、それに伴って着る服も夏服へシフト・・・しかしファッションとは常に時を先取るもの、秋冬コレクションがすでに終わっている。
カテゴリーにfashionなるものを作って、ついぞ書く機会が今日まで無かったのだが、そんな時の先駆者たるfashionにやや気圧されて、書いてみようかなと思って重い腰を上げてみたわけです。

最初なので僕の好きなブランドについて書かない筈は無く、N.hoolywoodの秋冬について思うことを構えずに書いていこうかななんて思って。Autumn Winter 2006-2007の個人的なレヴューとしては『うまくまとまったな』ってな感じ。今期のEdward Goreyへのオマージュが”オールドエイジの回顧”ならば来期のテーマであるスパイは”定式からの静かなる脱却”と言ったような印象を受けた。ここの服が本当に好きな理由は
①デザイナーの尾花さんが古着の存在を常にバックボーンに置いている(と勝手に僕が決めている)こと
②手にとって初めて自分が騙されていたことに気付く服作りである(と個人的に妄信している)こと
の2つに大きくは分類できる。

今期も一見は”かっちりうまくまとまった”服に見えても手に取ると何らかの古い要素や新たな発見が見受けられると期待している。個人的にはツイードのコートとストラップシューズが絶対に欲しいなと思うアイテム。何と言っても僕は古着が好きだし、そういう人間にとっては古着に合わせたくなるような服作りをしている(とこれまた勝手に解釈している)ブランドってのは最高で、もう信者と言ってもいいくらいの状況なのであります。

洋服と言うのは本当に奥深い。
出口の無い迷路に入るくらい奥深い。
どこに行き当たっても罰せられるわけではないし。
どこかに行きたくても簡単に行けるわけではない。

やはり服はいいな。

b0088064_20231752.jpg
b0088064_20234590.jpg

(秋冬コレクションのお気に入り写真)
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-03 20:24 | fashion


和菓子を好む日本人

いよいよ世間ではGWが始まって、いよいよ僕にはゆっくり寛げる、ゆっくりムダなことができる比較的好きな連休が始まった。
そんな連休の初日にばあちゃんがやってきて、端午の節句には二日ばかり早いけれど柏餅を持ってきてくれた。それで遅ればせながら気づいたのだけれどもばあちゃんの孫、僕にとっての甥(驚愕!)が一歳を回って、聞けば歩けるようにもなったみたい。若い命の成長を感じて、何となく自分も勇気付けられたような、そんな柏餅だった。

さて、その柏餅を食べて思ったことはもう一つ。食というのは”医食同源”という言葉に代表されるように人間が生きるうえで非常に重要なウエイトを占めていると思う。しかしここで言う食はやはり”主食”なのであって日本で言うなら”おやつ”にあたるものってどうなのかな、という考えに至った。不思議なことに日本人は(少なくとも僕の周りに居る日本人は)おやつというとやはり”和菓子”がいいねぇと口をそろえて言う。子供の頃はそんな”和菓子”なるものを口にする機会など無いに等しい筈なのに、年を重ね、ひとたび”スナック”から離れ”和菓子”に手を染めるとたちまち”和菓子”の虜になってしまうようだ。

柏餅もそうなのだが和菓子が和菓子たる大きな理由、或いは和菓子がこうも愛される理由と言うのは日本のお菓子であるからでは無く、和菓子が生活にリンクした食べ物としてその歴史を刻んできたからであり、食す事で何らかの縁起を担ぐことができるというバックボーンを持っているからであると思う。

例えば柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴がある為、これを「子供が産まれるまで親は死なない」=「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」=「子孫繁栄」との意味を持つと言われている。そんな柏の葉を使った柏餅というお菓子が日本の歴史に登場したのは、徳川九代将軍の家重~十代将軍の家治の頃だと言われ 、今日端午の節句に振舞われるようになった。さらに端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものでは無かったのだが、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったのだという歴史背景もあり、ただ食す、に留まらない
何かが和菓子にはあるのだなと改めて実感する。

ばあちゃんの持ってきてくれた柏餅からこうも、考えなくて良いようなことまで考えてしまったが、こうしたムダに無い頭を使えるのも大型連休の魅力なのだと正当化しておこう。
さてと、柏餅をもう一ついただくかな・・・
b0088064_19345118.jpg

[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-03 19:35 | essay


銭湯の文化

日本には他の国には無いようなオリジナルな文化が存在するわけであるが、オリジナル度、という点において”銭湯”は突出しているように思う。

入浴、ということならば当然沐浴を含めて宗教的な要素をはらむにせよたいていの人類が行うことである。ただ僕の知る限りにおいてはやはり互いに裸で語らい、その後は食事を取って寛ぐ「風呂講」的な文化は日本が世界に発信するスペシャルな文化の一つといって差し支えないように思うのだ。というのも高校時代にイギリスでちょこーっと(←この点強調。)暮らしたときも本当に彼らはシャワー+香水の毎日。たまに日本からやってきた僕に見かねて湯を張るときも半身浴といって差し支えないくらいの水位だし、そもそもバスタブは浅いし、と文化先進国とされる欧米がああならばやはり日本の”入浴”というコンセプトは非常に心地よいものなのだなあと実感する。個人ベースの入浴習慣がこうも違うのだから皆が集って一斉に大きなお風呂に入る”銭湯”なるものは彼らの目にはおよそ奇妙に映るのだろうと思う。

さて、そんな銭湯に今日親友2人と行ってきた。銭湯も江戸時代のそれとはかなり明確に線を画す訳で露天風呂ならぬ”野天風呂”なるものが僕らをお出迎えしてくれた。暑さと時間を忘れて、程よく出た星を見ながら、恋愛なり、結婚なり、家族なり、涙についてなり、羅列すれば野暮ったいような話を延々と数時間聞いては話し、話しては聞きを繰り返した。にしても彼らは本当に頭が切れて、ロジカルで、ワクワクする。程よく暖かいお湯の力も借りて、またお酒に乗ってする話とは違った切り口から、真剣に議論がし合えたように思う。

利便性の追求と共に”銭湯”もその形を大きく変えてきたが、人々が風呂に求めるもの、何故銭湯なるものを作ったのかということは依然として不変なのだなという気がした素敵な一日であった。


  
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-03 02:09 | essay


泣きすぎた目たち

なんとも眠気のひどい昼下がりであった
メリトンはにも拘らずサーシャに
性懲りも無いような問いを投げかけた

目は二つあるのに
どうして目は
一つのものしか見ないの

あまりに答えるには距離が遠く
しかしメリトンの目を見るに片手間に答えるわけにもいかず
サーシャは優しいとも柔らかいとも取れる口調で
静かに答えた

きっとそれは
目が涙を流しすぎたからよ

言った後でサーシャは
何か意味の無いことを言ったような気がして
意味が無い故に大きな意味を持つような気がして
静かにハンモックを揺らした

メリトンは何を言うでもなく
ハンモックが揺れやまぬうちに
吹く風よりも静かに部屋を後にした

いつの間にか
気づくと差し込む日差しの色は変わっていた
夕飯の時間を告げる母の声が
何となくがさつに聞こえた
[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-01 20:33 | poem


Tokyo Collection 2006-2007 Autumn Winter

3月17日に幕を上げた東京コレクション2006-07秋冬が4月上旬に無事に終了した。官民一体型のコレクションにそのスタイルを変えてから2期目になるわけであるが成功した、という見方とまだまだ、という見方の両方が依然として拮抗したまま存在する。

個人的にはまだまだ軌道に乗ったとは言いがたいように思う。というのもJapan Fashion Weekはコレクションの期間を短くし、海外のショップ・バイヤーなどの目により多く止まること、神宮外苑前に設けられたモニターや巨大ドームに象徴されるように一般のお客にコレクションをより身近なものに感じてもらうこと、を主眼として始めた。しかしファッションウィークには出ずに独自路線で展開していくN.HOOLYWOODのようなブランドもあり統一感が無い。それも”東コレらしさ”なのかもしれないがそれゆえに本旨から外れてしまうというジレンマを抱えているように思う。

個人的には自由に服を見せる、というスタンスはすばらしくよいと思うしそれこそが”服”を見せることの原点であると思うのであるが折角各ブランドの展示会場が都内に集中しているのであるのだから衛星的に情報を飛ばして神宮前で全ブランドのコレクションを中継したり(民間を引き付ける)、世界にネットを通じてliveで情報発信したり(海外のバイヤーなどにアピール)してもよいと思う。今後の改善の余地という点で自分も非常に興味深いし、個人的に2度も行き損ねたので次回は必ずや見に行けたらと思う。

さて、各ブランドにスポットライトを当てたとき、今回のコレクションは総じて”animal like”な印象がある。動物のパターン、毛などをモチーフに、現代風の可愛さの中に落とし込む、WWD vol.1360の言葉を借りるならば『キモカワ』(気持ち悪いけれど可愛い)ということになるのかもしれない。

中でも注目はやはり(どこもかなり注目しているが)東コレに1年半(3シーズン)ぶりのカムバックを果たした宇津木えり率いる『mercibeaucoup,』であるように思う。アニマルパターンを大胆に使った・・・というよりは前面に押し出したデザインは絶句。それでいて確かに”かわいい”ところがなんとも心憎い。2005年春夏を境にフラボアを辞めた同氏が、今回は現代の曖昧さを正すように、背筋をまっすぐ伸ばした服作りをした、というのが自分のような素人が観ても伝わってくるのが不思議である。今年で40歳の誕生日を迎える同氏であるがこういう齢の重ね方が出来たら人生は楽しいのだろうなとも思った。

来期は絶対に見にいこっと。

参考までに今回の写真の一部(個人的なお気に入りショット)
・mercibeaucoup
・G.V.G.V

b0088064_1754157.jpg
b0088064_17543655.jpg

[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-01 17:58 | fashion


家族観

最近自分の中で”家族”というものを如何に捕らえるのか、ということがちょっとしたアジェンダになっていて、それゆえこの映画は、映画の良し悪しという枠を超えて、”家族”というものを改めて内在化させてくれたように思う。

生まれるのは家族があるから、生きてこれたのも家族のおかげ、家族の愛があるから今の自分がある。確かにそのとおりで生んでもらったこと、今の自分にこのような環境を与えてくれたこと、その他諸々1人ではなしえなかった多くのものを与えてくれた存在として家族には言葉に出来ないほどの感謝をしている。

問題はこの先。家族というのはmustなのかということ。確かに世間一般的な”暖かい家庭”が作れるのならばそれに越したことは無い。しかし少なくとも両親を反面教師にしている部分があることは否めないし、仮に家族(家庭)を持ったとして子供(子育て)はどうするのかという漠然とした不安もある。家族を自分の行く先と可分して考えることの出来る自分が不安になることもある。でもいずれにせよ、こうやって考えなくては持つべき資格の無いもの、それが家族なのかも知れない。

さて、だいぶ長い前置きであったがこの『空中庭園』、前々から見たい映画ではあった。そもそも邦画好きの自分にとっては時代劇でもアクションでもない、かといって恋愛物でも青春群像でもない”中性的な”映画というのはいつ何時でも観ていたいものなのである。
映画の与えてくれたインパクトは上述したので敢えて書かないが、小泉今日子の演技という点でその映し方にやや疑問が生じた。

『空中庭園』、空中に浮くような離散した家族、一見きれいな家族。
目を細めてしまいそうだがやはりこれも昨今の映し鏡、紛れも無い事実であることは自分の”家族観”に先立って認識しておくべきであると切に思った。

b0088064_16391891.jpg

[PR]
# by yu-yama0520 | 2006-05-01 16:52 | essay

    

日々自分を見つめる。
by yu-yama0520
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧