By The Day


When your own initials are enough.

五月八日付けで世界に誇るトップブランド”LOUIS VUITTON”(以下”ヴィトン”)の日本グループであるLVJのカンパニープレジデント兼CEOに藤井清孝氏が就任する。同氏は前任である秦郷次郎氏の後を継ぎ、年間1500億もの売り上げを誇るヴィトンをさらに発展させるべくその任に付いた。ちなみに前任者であった秦氏は百貨店への”インショップ”出店や六本木ヒルズ店での販売、マーク・ジェイコブス発案の村上隆とのコラボ商品展開の実現と数え切れないくらいの功績を残してきた方なのである。

このようなヴィトンに代表される所謂”ラグジュアリーブランド”はここに来てまた、より多角的に商品を生み出し、より顧客ターゲットを広げて、売り上げを伸ばしている。高校生にもなればヴィトン・グッチといったブランド品を手にして、制服にヴィトンの財布といったなんとも不釣合いな格好も何のそのでハイブランドの門をくぐる。社会人にもなればいかにも日本人的であると思うのであるがある種ステータスの象徴的にブランド商品を買い漁っていく。こうした現状がバックに在っては顧客層の拡大化は自然の流れなのかもしれない。

しかし、ラグジュアリーブランドにあって、今日の顧客層の意図的な拡大化とは一線を画す販売コンセプトを持つブランドがある。何を隠そう、”BOTTEGA VENETA”(以下”ボッテガ”)である。表参道ヒルズに日本発のフルラインをそろえるショップが出来たのは記憶に新しいがその成長はまだまだ止まることが無いように思う。というのもボッテガはグッチグループに約183億で買収されて以来、その当時の50億であった売り上げはいまや230億に上り、これは同グッチグループのイブサンローランに並ぶ規模である。

この飛躍には実は裏づけがある。デザイナーのトーマス・マイヤーは同社の製品を売るに際して本物のラグジュアリーを理解してくれるお客にのみ、納得の上で購入してもらえればそれで良いと言っている。(WWD Vol1362)例えばヴィトンがパンダであれ、チェリーであれ、”デザイン”に工夫を凝らして新たなお客をつかむのならばボッテガは”らしさ”を前面に出して、それが例え時流にそむこうとも自信を持って商品を世に送り出すんだというスタンスがこの発言にも見て取れる。トーマス・マイヤーの言葉を引き続き引用するならば"When your initials are enough."ロゴだけで十分だ、とはなんともかっこいいな、と単純に思ってしまう自分がいる。
[PR]
by yu-yama0520 | 2006-05-12 01:49 | fashion

<< 感性の問題      男性版”勝負下着” >>

日々自分を見つめる。
by yu-yama0520
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧