By The Day


One more cup of coffee

いよいよ夢のようなGWが終わりを告げ
川を上る鮭のようにまた現実へと遡行していくこととなった。

にしても実に有意義な一週間であったなと僕なりに思う。人に”話すこと”を目的としてこうも多く”会いに”出かけた連休は初めてだからである。よく恋人と毎日会った、とか、恋人と大きな経験をした、とか言うような武勇伝なら耳に胼胝ができるくらい聞くのだが、僕があっていたのは男だしそれ故自分でも始めて腹のそこから楽しいと感じるような連休になった。

何でこんなことを思うかというと、それはコーヒーを摂取した量が尋常ではなかったから。スターバックス・ドトール・エクセルシオール・サンマルクカフェ・・・・・一日で四件梯子した日もあって連休中に総量二桁杯のコーヒーと付随してカフェインを摂取したことになるわけである。会話をどこかで腰を落ち着けてすることがいつしかコーヒー(なりなんなり)を飲むことになっていた。昔は(結構最近かも・・・)コーヒーなんて黒い&苦いで「これが飲み物か?」なんて思っていた。だけど今では腰を落ち着けるのはカフェ、シュガーやシロップも大抵不要、好きな濃さもあり、なんて具合になったしお気に入りのカフェも数店あったりする。

日本におけるコーヒー(”珈琲”のほうがよいかも)の歴史を紐解くと1609年平戸に和蘭商館が開設され、コーヒーが伝えられたと言われている。大正時代に入ってきた飲み物が挽き方・入れ方のさまざまなアレンジを経て今日に至ることは、そういった歴史性も含めて、古着が好きな僕の芯に訴える何かがあるように思う。

てなことを書くと、なんだかコーヒーが飲みたくなってきた。一人で本を読みながら、友人と真剣な話をしながら、友人の恋愛話を聞きながら、右手に握るコーヒーはその時々でそれとなく味を変える。バックに流れるがディランの曲ならば尚のことコーヒーは趣深いものになるのだろうな、なんて思うのである。
[PR]
by yu-yama0520 | 2006-05-08 15:31 | essay

<< 男性版”勝負下着”      この街の占師たち >>

日々自分を見つめる。
by yu-yama0520
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧